埼玉県農業大学校を視察

6月6日埼玉県農業大学校を柳下県議、村岡県議、秋山県議、前原県議、守屋県議が視察しました。

農業大学校は現在140名ほどの学生が「野菜学科」「水田複合学科」「花植木学科」「酪農学科」そして、社会人からの入学を受け入れている短期農業学科に分かれて勉強しています。

 

5月にひょうが降ったことによる農作物への被害のときにも感じましたが、農家への価格補償・所得補償が必要です。農業自給率が下がるなかで、夢をもって農業の道に入っていく方たちを支援していくことが必要です。

 

 

 

 

採れた農作物をつかっての食品加工実習を邪魔にならないように見学